DIYリフォームアドバイザー


お仕着せの住まいに満足できない高感度な生活者が増えているようです。

DIYリフォームは、塩化ビニルでラッピングされたような住まいを、自然素材を用いて健康で快適な癒しの空間に蘇らせることが出来ます。自分だけのオリジナリティを追求し、究極の贅沢で住まいをカスタマイズすることも楽しめます。

既存住宅ストックが増えている今日、既存住宅を購入し自分好みにDIYリフォームをすることにより、限られた予算内でマイホームを手に入れることも夢ではありません。自分の好きなように造った住まいは、業者が造ったものより愛着が持てるようになるはずです。

これからの住まいはスクラップ&ビルドではなく、既存住宅をDIYリフォームにより再生させ、愛着を持って手入れをして資産価値を高めてゆくことが、家族のためにも地球環境問題の視点からも重要なことです。

※DIYリフォームアドバイザー®は、「住まいのDIY型リフォームやメンテナンスを自ら行うための基礎知識とスキルを身につけ、健康的で快適な住空間創造を願う生活者やDIY型賃貸借物件に対して、アドバイスや実践指導のできる人材」を職能の定義とします

DIYリフォームの魅力

① リーズナブルに快適な空間が造れる

② 自然材料で人と地球に優しい住まいが造れる

③ アーツ&クラフツの住まいづくりが楽しめる

④ つくるもの同士がつながりを持てる

⑤ 住まいに愛着が湧きメンテナンスが出来る

 

DIYリフォームは、アイデアとデザインで無限の可能性を秘めています。
既存住宅の内装仕上げ材の多くは、壁・天井はビニル壁紙、床はボリウレタン樹脂で固められた複合フローリングが一般的です。そうした住まいを、無垢のフローリングを張り自然塗料で仕上げ、壁を塗壁にするなど自然素材を使いDIYリフォームを行うことで、健康的で快適なオンリーワンの住まいに変身させることが出来ます。

資格制度の概要

DIYリフォームアドバイザー®は、「自らの住まいの再生(リフォームやリノベーション)、補修、維持、管理を自ら行うための基礎知識とスキルを身に着け、そのニーズのある人やDIY賃貸に対してアドバイスや実践指導の出来る人材」を職能の定義とします。

資格取得を希望される方は、認定講座でDIY型賃貸借や既築住宅良質化のためのDIY型リフォームの実践的基礎知識を学び、講座の最終コマで認定テストを受けることが必要です。
認定テスト合格者はNPO法人住環境デザイン協会の名簿に登録され、「DIYリフォームアドバイザー®」の名称が使えるようになります。

講座お申し込みはこちら

DIYリフォーム入門講座
時間 10:00~16:00(5時間)
内容 リフォームの基礎知識
受講料

16,500円(税込)

テキストが別途必要になります

カリキュラム ① DIYリフォーム入門
② DIYリフォーム材料
③ プランニングの演習
④ DIYリフォームにチャレンジ
 (※実践ではありません)
受講資格 特にありません
テキスト DIYリフォームアドバイザー資格認定講座公式テキスト 3,240円
DIYリフォームアドバイザー®資格認定講座
時間 9:30~16:30(6時間)
内容 DIYリフォームの実践的知識
受講料 26,000円(税込)テキストが別途必要になります
カリキュラム ① DIY&DIY型賃貸借の基礎知識
② 道具とげ材料の基礎知識
③ 部位別DIYリフォーム実践事例
④ 住宅メンテナンスの基礎知識
⑤ 認定テスト
受講資格

建築士

宅地建物取引士

インテリアコーディネーター

インテリアプランナー

キッチンスペシャリスト

福祉住環境コーデネーター
賃貸不動産経営管理士
DIYリフォーム入門講座修了者

テキスト DIYリフォームアドバイザー資格認定講座公式テキス  3,240円
資格取得の流れ


DIYリフォームアドバイザー®は、住宅のリフォーム・リノベーションをDIY型で行うときのアドバイザーであり、住宅建築に関する基礎知識を必要とするので、資格認定講座の受講には住関連資格保有が必要となっています。
住関連資格を持っていない方は、DIYリフォーム入門講座を受講して頂く必要があります。入門講座修了者には入門講座修了証が発行され、「DIYリフォームアドバイザー®」資格認定講座の受講資格が得られます。
資格認定テスト合格者は、NPO法人住環境デザイン協会に登録することにより「DIYリフォームアドバイザー®」資格証が発行されます。また登録者は「DYIリフォーム研究会」入会によりDIY型リフォームに関する有益情報を掲載した会報が年4回送られます。

講座お申し込みはこちら

よくある質問と回答

DIYリフォームとは

DIYリフォームとは住まい手の意向でリフォームを進める事です、対象は持ち家・借家。施工は可能な部分は自ら行ってもよいし、専門業者に依頼してもかまいません

自宅をDIYリフォームしたい。入門講座の受講でよい?

入門講座は、資格取得の目的の方の他、自らDIYリフォームを考えている方にも適した内容です。

入門講座を受けるとDIYリフォームが実践できる?

講座はDIYリフォームの可能性や基礎知識を学ぶものです。実践するためには、ワークショップなどに参加し、その施工分野の技術や技能を身につけるのが良いと思います。

入門講座の受講にも、テキストの購入は必要?

テキストは、入門講座分野の〈基礎編〉と資格認定講座分野の〈実践編〉で構成されており、DIYリフォームにおける幅広い領域の基礎知識と実践事例などが網羅されているため、受講にはテキストが必要です。

資格認定講座の受講資格は?

建築士、宅地建物取引士、IC、IP、KS、福祉住環境コーデネーター、賃貸不動産経営管理士のいずれかの資格を保有している方が対象です。資格のない方も、DIYリフォーム入門講座を修了すると受講資格が得られます。

ワークショップに参加するには?

ホームページにて開催案内の内容を確認し、DIYリフォームワークショップ(不定期に開催)の申込みを行ってください。先着順受付で、参加費は3000円(税込)です。

入門講座、資格認定講座を受講したい場合は?

NPO法人住環境デザイン協会のホームページに各地の開催案内が載っていますので、開催案内を確認してホームページからお申し込み、お問い合わせください。

資格認定講座修了後のプロセスは?

NPO法人住環境デザイン協会に登録することにより「DIYリフォームアドバイザー®」資格証が発行され、この名称を使い仕事をすることが出来ます。